紅茶の美味しい淹れ方

いつもの紅茶をもっと美味しく楽しみたい方へ 紅茶の美味しい淹れ方を紹介します
紅茶の淹れ方 サマーティーカクテルレシピ
  • 4つのゴールデンルール
  • リーフティー<ホット>の美味しい淹れ方
  • ティーバッグ<ホット>の美味しい淹れ方
  • ティーバッグ<アイス>の美味しい淹れ方

Golden Rule

紅茶を入れたティーポットに熱湯を注いだとき、ポットの中で茶葉が上下に浮き沈みし、 まるで茶葉が踊っているように見える「ジャンピング」という現象が起こります。

水は汲みたての水道水で

汲みたての水道水には空気がたくさん含まれており、沸騰させてポットに注ぐと空気の力でジャンピングが起こります。気になるカルキ臭も、2〜3分沸騰させれば飛んでしまいます。また、ミネラルウォーターは含有成分によって、紅茶の色や味に影響が出てしまう場合があるため、美味しい紅茶を楽しむには水道水が最適なのです。

ティーポットを温める

せっかくお湯を沸騰させても、ポットが冷たいと注いだお湯の温度が下がってしまい、ジャンピングが起こりづらくなります。ティーバッグを使って1杯ずつ淹れる場合は、ティーカップを温めておきます。

茶葉の分量はティースプーンで正確に

茶葉を計るときはティースプーンが便利。ティースプーン1杯は茶葉約3gです。手持ちのスプーンの中でこれ1本と決めて一度分量を計り、いつもそれを使うようにするのもおすすめです。

蓋をして3分間蒸らす

蒸らしている時間はジャンピングの真っ最中。じっくりと美味しさを抽出しています。ティーバッグを使用する時は、ティーカップにソーサーなどで蓋をして、3分間蒸らします。

リーフティーでの美味しい淹れ方

1

汲みたての水を火にかけ、5円玉サイズの泡が立つまで沸騰させます。カルキ臭さを抜くには、さらに3分沸騰させます。

2

温めておいたティーポットに、茶葉をティースプーン1杯(約3g)×人数分を入れます。細かい茶葉であれば、ティースプーンに中山盛り1杯、大きい茶葉であれば山盛り1杯が目安です。

1

ティーポットに熱湯(150~170ml×人数分)を勢いよく注いで蓋をし、約3分蒸らします。茶葉のジャンピングが美味しい紅茶のサインです。

2

茶こしで茶葉をこしながら、あらかじめ温めておいたティーカップに注ぎます。最後の一滴まで旨みが凝縮されているので、注ぎ切りましょう。最後の一滴のことを「ゴールデンドロップ」(またはベストドロップ)といいます。

ティーバッグでの美味しい淹れ方

1

ティーカップはあらかじめ温めておきます。汲みたての水を沸騰させ、熱湯をカップに注ぎます。

2

ティーバッグが空気で浮かび上がらないように、ティーカップの縁から滑らせるように静かに入れます。ティーバッグ1袋でティーカップ1杯が原則です。

3

蒸らし時間は1分~1分半が目安。小皿やソーサーなどで蓋をすると、より美味しくなります。

4

ティーバッグを軽くふって取り出します。きれいな水色と爽やかな香り、コクのある味わいを楽しみましょう。

1

ティーポットに少量の熱湯を入れ、お湯を回しティーポット内を温めます。そのお湯を捨て、新たに人数分の半分のカップ数の熱湯を注ぎます。(カップ1杯のお湯で、2人分)

2

ティーバッグ人数分をティーポットに入れ、濃いホットティーを作ります。

3

蓋をして、約1分蒸らします。蒸らし時間は短めのほうが、水色が美しく仕上がります。

4

氷をたっぷり入れたグラスに、一気に注いで急冷させます。氷は一度水に通してグラスに入れると、より透明感のある仕上がりになります。